BioStream Co., Ltd

CODEX® システム(AKOYA BIOSCIENCES社)

組織微小環境マルチプレックスSpatial解析システム



斬新な細胞フェノタイピングが現実のものに
癌や複雑な免疫疾患の生物学的知見やその進行状況を理解するためには、組織の微小環境内 の空間構造を包括的に理解する必要があります。
組織の微小環境における細胞の近傍および相互作用の正確な関連性を解明するためには空間 環境におけるシングルセルレベルの高度なマルチプレックスでのマーカー検出が必須になります。

CODEXシステムの概要
” CODEXは、Spatial環境を解明できる、マルチプレックス免疫蛍光法を 確実に現実のものにしました。ユーザーがお持ちの顕微鏡との連結によ り、余分な設備投資が必要無く高品質の画像を取得できます。”

テクノロジーの中枢
スタンフォード大学のDr. Garry Nolanの研究室で開発されたCODEX(CO-Detection by indEXing) 技術は、バーコードと呼ばれる独自のオリゴヌクレオチドのライブラリが結合した抗体を使用します。 これにより、カスタマイズ可能な40種類以上のCODEX抗体のパネルを1度の組織染色反応で組み 合わせることができます。
CODEX流体制御装置は、繰り返しイメージングサイクルの自動化システムです。各サイクルで、それ ぞれスペクトルの異なる色素を持つ3種のCODEXレポーターを染色した組織に加え、それぞれに結 合する抗体バーコードで検出します。1度のプロセスで3種の抗体での画像が得られ、そのプロセスが 自動で異なる3種の抗体で繰り返されます。



検証された抗体と試薬
CODEXシステム用に最適化され検証された抗体や試薬を含む総合的なシステムとして提供します。 さらに、お客様はAkoyaのCODEX Conjugationキットを使用して、Akoyaが検証した市販の抗体また はCODEXバーコードで標識されたクローンからパネルを自由に作成することができます。

使いやすく洗練されたソフトウェア
CODEX解析ソフトはユーザーには無料で提供され、CODEXシステムを使用して得られた高度に マルチプレックスされた組織画像からの種々の解析を可能とします。 このソフトウェアは、サード パーティのソフトウェアパッケージにインポートできる.fcsファイルも作成できます。

腫瘍の微小環境に深く潜入
CODEX®Solutionの高レベルのマルチプレックスにより、腫瘍微小環境のより詳細な解析が可能に なり、より有用な予測バイオマーカーの発見を促進する手助けになります。

PAGETOP
Copyright © バイオストリーム株式会社 All Rights Reserved.