取扱いメーカー

微小環境マルチプレックス Spatial解析システム

組織をシングルセル単位で40種以上のタンパク質マーカー検出

装置・技術概要
スタンフォード大学のDr. Garry Nolanの研究室で開発されたCODEX(CO-Detection by indEXing)技術は、多種類のオリゴヌクレオチドからなるバーコードが結合した抗体を用います。この技術により、カスタマイズ可能な40種類以上のCODEX抗体のパネルを1度の組織染色反応で組み合わせることができます。
CODEX装置は、繰り返しイメージングサイクルを自動で制御するシステムです。1回のサイクルで、それぞれスペクトルの異なる色素を持つ3種のCODEXレポーターを染色した組織に加え、それぞれに結合する抗体バーコードで検出します。従って1度のサイクルで3種の抗体での画像が得られ、その工程が自動で異なる3種の抗体で繰り返されます。

装置の特徴
自動画像取得

   完全自動で各サイクル毎に3種のレポーター・蛍光を送液・反応し画像を取得。
   このサイクルを繰り返すことで40種以上のマーカー画像をシングルセル単位で取得。
40種以上のバイオマーカー検出
   形態学的環境でのSpatial解析とウルトラ・ハイプレックスデータの取得。
豊富な検証済みの抗体パネル
   ヒト及びマウス組織用の多種類の検証済み抗体パネルを提供すると共に、お客様独自の
   パネルを作成するためのConjugationキットも提供。
完全な組織形態を維持
   高度な送液技術と組み合わせたCODEXケミストリーは、サンプルの組織構造を維持し
   再利用が可能。
コンパクトなシステム
   コンパクトな設計で、完全に自動化された操作

* 弊社アプリケーション・サイエンティストによる最新のプレゼンテーションを以下の動画から視聴いただけます。

CODEX+Keyenceシステム
CODEX装置は、Keyence社 BZ-X700 / 800蛍光顕微鏡と連結して使用します。 このCODEX-Keyenceシステムにより最高のパフォーマンスが得られます。CODEXソフトウェアの一部であるCODEX InstrumentManager(CIM)ソフトウェアは、Keyence制御用コンピューターにインストールされ、キーエンスソフトウェアインターフェイスと連動して、CODEX アッセイサイクルと画像取得を同期させます。

ワークフロー・基本技術

CODEXシステムによるシングルセル Spatialバイオロジー解析例

Video & Webinar

Video及びWebinarにより、最新の技術と研究成果を紹介しています。

カタログ及び関連資料
FILE

バイオストリーム株式会社は
バイオマーケットjpと協賛しております。

pagetop