取扱いメーカー

既知・新規の融合遺伝子検出 NGS用アッセイ

AMP™ テクノロジーによる NGS 高精度解析ワークフロー

製品・技術概要
ArcherDXの全製品の中核技術であるArchored Multiplex PCR(AMP™)ケミストリーは、組織または血液からの微量核酸サンプルから、双方向プライマーと分子バーコード(MBC)を活用することにより、既知/新規融合遺伝子や単純な遺伝子変異から複雑な遺伝子変異の両方を正確に検出し特定することを目的としています。 広い応用性のAMPケミストリーは、ほとんどの腫瘍タイプにわたるDNA、RNA、およびctDNAシーケンスのアプリケーションに活用できます。
2020年6月より、Invitae社と統合しております。

製品の特徴
*具体的な製品は、添付の製品リストを参照して下さい。
・FusionPlex : 複数の融合遺伝子を同時に検出
FusionPlexアッセイは、わずか10ngのRNAから、既知および、未知の融合遺伝子をRNAseqで複数同時に検出できるアッセイです。500以上の既知遺伝子に対する検証済みアッセイから固形腫瘍、肉腫、血液腫瘍における融合遺伝子検出用のパネルを構築しています。必要に応じて、アッセイおよびパネルのカスタマイズも可能です。
・VariantPlex : 高感度なマルチプレックスCNV検出
VariantPlexアッセイは、ターゲットDNAseqとの組み合わせ絵で、限られた量の低品質のDNAからでも高い定量性により高感度で高精度なCNV,SNV,Indel検出を実現します。
・LiquidPlex:リキッドバイオプシー解析アッセイ
LiquidPlex™パネルは、完全にカスタマイズ可能なNGS用リキッドバイオプシーアッセイで、わずか2.5時間のハンズオンタイムで、3日以内にNGSからの解析結果が得られます。バイオインフォマティクスソフトウェアも充実し、サンプルからデータへのワークフローが確立されており、血漿でのゲノムプロファイリングワークフローを簡単に適用できます。
・Immunoverse:免疫レパトア解析用アッセイ
RNAサンプルからのヒト免疫レパトア解析アッセイです。偏りのない増幅は、TCRおよびBCRの正確で再現性のある結果が得られ、固形腫瘍と血液がんの予後やレパトア・プロファイリングなどに応用できます。
・Custom Panel
RNA、DNA、またはctDNAサンプルの対象遺伝子をNGSで解析するための独自のパネルを設計します.
・Assay Desiner
AssayDesignerは、新しいバイオマーカーターゲットを設計したり、既存のターゲットを組み合わせたり、既存の製品に新しいターゲットを追加したりできるオンラインツールです。 ほとんどのパネルは、Assay Designerで作成でき、カスタマイズされたRNA、DNA、またはctDNA研究パネルを迅速かつ経済的に構築するためのオンライン設計ツールです。

ASP™テクノロジー/ワークフロー

結果の例

カタログ及び関連資料
FILE

バイオストリーム株式会社は
バイオマーケットjpと協賛しております。

pagetop