2017年9月28日から30日に開催される、第第76回日本癌学会学術総会に出展致します。

 

展示ブースでの主な展示製品(カタログ展示)

1. 10月に発売予定のBD Rhapsody (旧名:BD Resolve)

マイクロウェルを利用したシングルセル調整システムで、100-10000万個のシングルセルRNAseqのライブラリー調製が可能です。最近話題のドロップレットタイプの装置との主な違いは、①ロードした細胞のQCが行える点、②全トランスクリプトーム解析だけでなく、〜1000遺伝子をターゲットにしたTargeted RNAseqの調製が可能な点です。高感度、高精度かつ低コストで効率の良いシングルセルRNAseq解析を実現することができます。

2. ArcherDX社の体細胞変異検出のためのNGSアッセイ(AMPテクノロジー)

ブレイクポイントが未知またはフュージョンパートナー遺伝子が未知の融合遺伝子の検出、分解が進んだFFPE、cfDNAサンプルにおけるSNV, CNV, indelなどの検出に威力を発揮するNGSアッセイです。

3. Celsee社のCTCの単離・検出・回収装置、およびシングルセルの単離・検出・回収装置

CTCや多様なシングルセルの単離・検出・回収が行える装置です。

4. iRepertoire社のTCR/BCRレパトア解析用NGS試薬(arm-PCRテクノロジー)

定量性の高いTCR/BCRレパトア解析用のNGS試薬です。

 

日本癌学会学術総会ご参加の折には、弊社のブースまでお立ち寄りいただきたくよろしくお願い致します。

皆様にお会いできますこと、社員一同楽しみにしております。